TCFD対応支援

HOME TCFD対応支援

TCFD対応支援

ステークホルダーへ情報開示
  • 1
    重要度評価

    気候変動に関するリスクや機会を特定し、移行リスク・物理的リスクと機会に関してシナリオ分析と並行しながら整理し、重要度の評価を行います。

  • 2
    シナリオ群の定義

    現状趨勢と2℃目標達成のためのシナリオを特定し、組織に適した情報へのアクセス(参照すべき情報)、シナリオの定義を行うことで、気候変動により影響を受ける事業環境を描きます。

  • 3
    事業インパクト評価

    シナリオ分析によって得られた情報をもとに、事業インパクト(投入コスト、事業コスト、収益、サプライチェーン、営業停止、タイミング)を分析し、情報開示の程度を含めて明らかにします。

  • 4
    対応策の定義

    特定されたリスクと機会を扱うために、適用可能で実現可能な選択肢を特定します。
    またこれによって事業戦略や財務計画へのインプットとしてどのように対応するべきか決定します。

ページの先頭へ